お役立ちガイド

不動産情報2019/02/27

不動産を売却したいと思った時に知っておくべきこと

bf38ef2db0f47a933ec7a3f119f8e0bd_s

 

不動産売却となれば大きな金額が動きますし、なかなか人生の中で何度も経験されるという方は少ないと思います。

家族構成・経済・環境・ライフスタイルの変化など売却する理由はさまざまです。

 

不動産売却を検討しているけど「どう進めればいいのか」「できるだけ高額で売却したい」「失敗したくない」とお考えの方のために、不動産売却時に知っておくべき点をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

まずは相場を知っておこう!

不動産を売却するために、まずはいくらで売り出すのか決める必要があります。

せっかく売却すると決断したのであれば、出来るだけ“良い条件”で売りたいですよね。

そのためには不動産売却に必要な基礎知識を身に付け、物件の周辺の相場などを知っておくことで、相場に応じた金額設定ができ、取引が成立しやすくなります。

予めご自身でも相場を調べた上で、信頼できるプロの不動産に査定を依頼しましょう。

 

不動産会社を探し、査定の依頼

売却が決まれば次に信頼できる不動産会社を探す必要があります。

そして「相見積り」を取り、必ず査定書を貰うようにしましょう。

査定を依頼する際の注意点は、しっかりとその査定額の根拠を確認しておくことです。

 

自分が思っていた金額より提示された金額が高値だった場合、媒介契約を結んでしまいそうにもなりますよね。

ですが根拠のないただ高い査定価格だった場合、そのまま売り出すと「売れ残り」になってしまう可能性があります。

ただ仲介手数料を取ろうと考えている会社でないか確認するためにも、しっかりと根拠を確認し、いい会社であるか判断することが大切です。

 

そして、査定を出す前には必ず綺麗に掃除しておきましょう。

誰しも購入するのであれば綺麗な不動産を購入したいと思うのが一般的ですよね。

査定額も大きく変わってきますので、綺麗に掃除しておくのは基本です。

査定額の根拠を確かめるためには?

査定額の根拠を確かめるためにどのような質問をすればいいか?

・土地の相場

・近隣施設の有無

・駅からの距離などの立地条件

・築年数と建物の状態

・間取り

・日当たり

 

不動産会社によって、宣伝方法や販売網はさまざまです。

上記のことをしっかりと質問し、自分が納得できる内容であるかきちんと確認しておきましょう。

 

そして査定には「机上査定」と「訪問査定」の2つ方法があります。

机上査定の場合はデータ上の判断になりますので、正確な査定結果が出ない可能性があります。

できれば訪問査定を行い、プロの視点で正確な査定結果を出してもらうようにしましょう。

 

まとめ

不動産売却は、その状況によって気を付けるべき内容も異なってきますので一概に売却に必要なノウハウはお伝えできません。

一番大事なことは、誠実で優良な不動産会社を見つけ、しっかりとした査定を出してもらうことです。

査定額の根拠を確認し、相場に合った査定額であるか、妥協せずにしっかりと納得した上で契約しましょう。

 

プログレス不動産では、365日年中無休の運営体制で「無料査定」にも迅速にお伺いいたします。

お客様にご満足いただけるようなプランをご提示し、不動産売却を最後までしっかりとサポートさせていただきます。

いつでもお気軽にご相談ください。